今月8日、韓国政府によって、北朝鮮レストラン従業員13人が「集団脱北」したことが明かされた。一度に13人が脱北したのも異例だが、脱北から韓国入りまでスピーディーに動いた裏には、韓国政府の意図が強く働いていたようだ。すなわち、核とミサイルで暴走する金正恩氏に対するプレッシャーと、総選挙を与党が有利に戦うため、対北朝鮮経済制裁の実効性をアピールすることだ。

(参考記事:北朝鮮ウェイトレスの集団脱北の裏で「スパイ組織」が暗躍!?

その5日後に、投開票が行われた韓国総選挙では、朴槿恵(パク・クネ)大統領を支える与党が惨敗したため、「集団脱北」の公表は、必ずしも成功したとはいえないが、金正恩体制の脆弱さを浮き彫りにしたことはまちがいない。

なぜなら、本来、北朝鮮レストランで働くウェイトレスたちは、脱北しないという前提で、海外に派遣されているからだ。

韓国人や一部の日本人の北朝鮮マニアの間で人気をよぶ北朝鮮レストランの美貌のウェイトレスらの多くは良家の出身だ。北朝鮮当局は、脱北しない、すなわち「北朝鮮を裏切らない」と判断した女性のみ派遣しているはずだが、彼女たちはリスク覚悟で、北朝鮮ではなく韓国で生きることを選んだ。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

今回の集団脱北に、韓国の情報機関がなんらかの形で関与していたとしても、13人が最終的に脱北を決断した裏には、金正恩体制に対して多かれ少なかれ、不満を持ち、北朝鮮に展望がないことを知ったからだろう。

そもそも、北朝鮮ウェイトレスの脱北は、これまでもたびたび起きている。