北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は15日、朝鮮中央通信社記者とのインタビューを通じて、米国の年次「人権報告書」の発表を非難した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

骨身に染みるほど後悔させる

報道官は、米国務省が発表した「2015年の国別人権実態報告書」が、北朝鮮の人権状況に対する「誹謗・中傷」だと指摘しながら、「『自由権否定』や『政治犯収容所運営』『恣意的処刑』や『人身売買』『強制労働』をはじめとするすべての現象は初めからわれわれにあったことのない真っ赤なうそである」と主張した。