北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は15日、朝鮮中央通信社記者とのインタビューを通じて、米国の年次「人権報告書」の発表を非難した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

骨身に染みるほど後悔させる

報道官は、米国務省が発表した「2015年の国別人権実態報告書」が、北朝鮮の人権状況に対する「誹謗・中傷」だと指摘しながら、「『自由権否定』や『政治犯収容所運営』『恣意的処刑』や『人身売買』『強制労働』をはじめとするすべての現象は初めからわれわれにあったことのない真っ赤なうそである」と主張した。

また、「米国が反共和国『人権』騒動に執着し続けているのは、われわれの国際的イメージをダウンさせ、わが内部を瓦解させて『体制転覆』の野望をなんとしても実現してみようとする極悪な敵対行為である」としながら、「米国が骨身に染みるほど後悔するように必要なすべての措置を講じていくであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省の代弁人米国の「人権報告書」の発表劇を排撃

【平壌4月15日発朝鮮中央通信】共和国外務省のスポークスマンは、米国が年次「人権報告書」の発表劇を演じてわれわれを悪らつに謗ったことに関連して15日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

13日、米国務省はいわゆる「2015年の国別人権実態報告書」というものでまたもや、わが共和国の人権状況に言い掛かりをつけて虚偽とねつ造で一貫した誹謗・中傷を並べ立てた。

米国が「人権報告書」でわが国にあると言い掛かりをつけた「自由権否定」や「政治犯収容所運営」「恣意的処刑」や「人身売買」「強制労働」をはじめとするすべての現象は初めからわれわれにあったことのない真っ赤なうそである。

米国が毎年、他国の人権問題について非難しているが、実際に被告席に引きずり出されて裁かれるべき人権蹂躙(じゅうりん)犯罪国家はほかでもなく、米国自国である。 米国こそ、劇甚な人種差別と各種の犯罪が横行し、世人を驚愕させる人権侵害行為が蔓延する人権の不毛の地である。

米国は、世界の至る所で侵略と干渉をこととし、無この人々をやたらに虐殺するなど、劇甚な人権蹂躙(じゅうりん)蛮行をはばかることなく働いている。

「人権擁護」の美名の下で中東地域で「色つき革命」を起こして国家転覆と民族内部紛争、残酷な戦乱を生じさせ、世界最悪の難民事態を招いた張本人もほかならぬ米国である。

このような米国が人権蹂躙の元凶としての醜悪な本性を覆い隠してみようと「人権裁判官」のように振る舞っている自体が格に合わない。

今回、米国が世界の199カ国の人権状況についてでまかせにしゃべったが、人権を口に乗せる初歩的な資格も、名分も備えられなかった境遇で他国に食い下がるそのような悪意に満ちた非難に耳を傾ける人はこの世にいない。

米国は、「人権報告書」のような反故同様の文書劇に執着し続けるよりはその紙で自分の鼻を拭く方がよかろう。

米国の「人権報告書」発表劇は、しつこい謀略で他国の体制を崩し、自分らの支配主義的目的を実現するための侵略道具であるというところにその危険性がある。

米国が反共和国「人権」騒動に執着し続けているのは、われわれの国際的イメージをダウンさせ、わが内部を瓦解させて「体制転覆」の野望をなんとしても実現してみようとする極悪な敵対行為である。

米国がわれわれの「体制転覆」を狙った軍事的脅威と対朝鮮制裁策動とともに「人権問題」を取り上げてわれわれに対する全面的な圧迫にいっそう執着している状況の下で、われわれもやはりそれに対応して米国が骨身に染みるほど後悔するように必要なすべての措置を講じていくであろう。

    関連記事