北朝鮮の金正恩第1書記は14日、シリア独立70周年に際して、バッシャール・アサド大統領に祝電を送った。朝鮮中央通信が15日、報じた。

シリアは、1946年4月17日、フランスから独立した。

朝鮮中央通信が報道全文は次のとおり。

金正恩国防第1委員長がシリア大統領に祝電

【平壌4月14日発朝鮮中央通信】朝鮮国防委員会の金正恩第1委員長は14日、シリアのバッシャール・アサド大統領に祝電を送った。

祝電は、次のとおり。

わたしは、シリア独立70周年に際して貴方と友好的な貴国政府と人民に温かい祝賀を送る。

独立以降の70年間、シリア・アラブ人民は帝国主義者の侵略と干渉策動に立ち向かって国の自主権と尊厳をしっかり守り抜き、こんにちは貴方の正しい指導の下で敵対勢力のあらゆる挑戦を粉砕して国の安全と安定、領土保全を遂げるための闘争において大きな成果を収めている。

わたしはこの機会に、シリア・アラブ人民の正義の偉業に対する固い支持と連帯を再び確言しつつ、貴方が健康で、責任ある活動でさらなる成果を収めることを心から願う。

    関連記事