中国政府は、北朝鮮からの石炭などの鉱物資源を禁輸リストに載せて、制裁履行に積極的に乗り出す姿勢を見せている。その一方で、中朝合弁で設立された会社を通じて、北朝鮮の鉱物資源が中国へ輸出されていることが明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

北朝鮮で採掘された鉱物資源を中国へ輸出しているのは「恵中鉱業合営会社」。同社は、2007年11月に、北朝鮮の採掘工業省と中国の万向集団との合弁で設立された。持ち株比率は北朝鮮51、中国49で、2011年9月から操業を始めた。

制裁後も、増産が続く

RFAの現地情報筋によると、会社設立後、恵山青年鉱山で掘り出された亜鉛と銅はすべて中国に輸出されるようになった。