おそらく、強制的に太陽光発電を導入させ、電気を自力更生させる。そのうえで『金正恩元帥のおかげで町が明るくなった』というプロパガンダのネタにするのが当局の狙いと見られる。

しかし、ほとんどの工場では、そもそも新しい表札を購入する予算がなく指示通りには進んでいない。余裕のない小さな工場は、取り締まりを避けて、路地の奥の方に入り口を付け替えたり、引っ越したりするなど、アクロバティックな対応をしているという。

    関連記事