北朝鮮で、連続毒殺事件が発生した。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、今月1日、北朝鮮北部の清津市内の市場のリンゴ売り場の近くで、ある人が突然口から泡を吐いて死亡。同市内の別の二つの市場でも、同様の事件が発生。司法解剖の結果、毒物が入ったリンゴを食べたことが死因だということが明らかになった。

(参考記事:北朝鮮版「林檎殺人事件」が発生…犯人逮捕できず当局は苦しい言い訳

1978年の郷ひろみさんのヒット曲、「林檎殺人事件」を思い出させる出来事である。

この北朝鮮版「林檎殺人事件」の話は、あっという間に街中に広がった。北朝鮮当局は市民の動揺を抑えるため、「韓国の国家情報院の工作員が中国産のリンゴに毒を入れたので、リンゴの輸入を禁止する」と発表したが、当局の「大本営発表」をまともに信じる住民はいないという。

世界でも有数の監視国家、そして住民達は完全な統制下に置かれている北朝鮮で、こうした事件が起きるのは意外と思われるかもしれないが、殺人事件や凶悪事件はたびたび発生している。

(参考記事:妻子まで惨殺の悲劇も…北朝鮮で警察官への「報復」相次ぐ

今回の「林檎殺人事件」が起きた清津市では過去にも、女性による凶悪殺人が起きていた。