北朝鮮が海外で経営するレストランの従業員13人が集団脱北し、昨日、韓国に入国していたことが8日、明らかになった。これだけ大人数の集団脱北は、極めて希なケースだ。本欄で、北朝鮮レストランの経営悪化ぶりを伝えたばかりだが、改めてそれが確認された形だ。

(参考記事:北朝鮮レストラン従業員ら13人が集団脱北

そもそも、世界各地に存在する北朝鮮レストラン(以下:北レス)は、韓国人観光客にとって北朝鮮の人々と触れ合うことができる数少ない機会とあって、人気を集めていた。近年では、特に容姿端麗なウェイトレスの写真がネットで出回り、韓国の若者たちの間でアイドル並みの人気を博している例もある。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

しかし、今年に入って北朝鮮の核実験と長距離弾道ミサイルの発射実験をめぐり、国連安全保障理事会は、対朝鮮制裁決議を採択した。韓国政府は独自の経済制裁を発動し、その一環として、韓国民の北朝鮮レストランの利用に自粛を呼びかけた。