人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

彼の渡った橋も、翌年の3月29日に、米軍の爆撃で真ん中の部分が崩落してしまった。それ以降、修復されることなく今に至る。橋の袂には、彼の功績をたたえて銅像が立てられている。

今では「河口断橋」と呼ばれるこの橋には多くの中国人観光客がやって来る。中国現代史の現場であると同時に、北朝鮮のリアルな姿を間近に見ることができるからだ。

橋の袂の船着き場から遊覧船に乗ると、北朝鮮にわずか数メートルのところまで接近することができる。中国と北朝鮮の国境は鴨緑江の真ん中ではなく、川そのものとされているため、向こう岸に上陸しないかぎりは問題ないのだ。

北朝鮮側では、中国人観光客を誘致するための「観光特区」の建設が行われているが、、経済制裁の強化でその先行きは不透明だ。

そんな情勢だが、岸辺では、北朝鮮国境警備隊の兵士が、仲間たちとおしゃべりに夢中になっている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

    関連記事