国際金融当局の調査を避けて金融取引を行い、武器取引を行っている北朝鮮の朝鮮鉱業開発貿易会社(KOMID)と端川(タンチョン)商業銀行を金融面で支援したとの疑いからだ。キム氏は北朝鮮関連口座の数百万ドルを動かしていたと言われている。

モサック・フォンセカは、2010年に英領バージン諸島の金融調査庁からDCBファイナンスについての問い合わせがあるまで、北朝鮮との関係に気づいていなかったと釈明しているが、同年10月まで同社との取引を続けていた。

コーウィ氏は2011年、DCBの持ち株を中国企業に売却しており、制裁対象となっている機関との取引を行っていた認識はなかったと、弁護士を通じて述べている。

北朝鮮の「ビジネスチャンス」

同氏は現在、北朝鮮当局との合弁で設立されたフェニックス・コマーシャル・ベンチャー社の取締役を務めており、同社のホームページの記載によると、未だ平壌に在住している。

    関連記事