90年代から北朝鮮の貴重な外貨収入源となってきた北レス。世界に130店舗、中国だけでも100店舗が存在すると言われている北朝鮮レストラン(北レス)は、1990年代から北朝鮮の貴重な外貨収入源となってきた。しかし核・ミサイル問題を巡る経済制裁の影響で、その前途に暗雲がただよっている。

(参考記事:女性接待員が外貨を稼ぐ…「北朝鮮レストラン」の舞台裏

メイン客である韓国人旅行者に対し、韓国政府が利用自粛を勧告。客足が急減し、営業を中止せざるを得なくなる店が続出しているのだ。そして、そのしわ寄せは当然のごとく、「かんばん娘」である美人ウェイトレスたちにも及び、給料未払いに困惑してさめざめと泣く日々だという。

(参考記事:給料未払いで抱き合って泣く北朝鮮レストランの女性従業員

中国や東南アジアなどで営業する北朝鮮レストランは、焼肉や冷麺などの朝鮮料理と並び、ウェイトレスも兼ねた女性従業員たちによる歌や踊り、楽器演奏などのショーが最大の売りだ。近年では、特に容姿端麗なウェイトレスの写真がネットで出回り、韓国の若者たちの間でアイドル並みの人気を博している例もある。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

彼女たちの多くは良家の出身と言われ、観光客の興味本位の質問にも意外とあっけらかんと答える女性も中にはいた。

(参考記事:美人ウェイトレスは良家の出身…「北朝鮮レストラン」の舞台裏

その素朴な表情や振る舞いは、「やはり北朝鮮も普通の人々が暮らす国なんだな」という感慨を外国人に与え、険しさを増す情勢の中でホッとするものを感じさせる効果を持っていた。