国際社会が対北朝鮮経済制裁を強化するなか、北朝鮮国内市場の物価について「高騰している」と「安定している」など、相反する情報が内部から漏れ伝わってくる。こうしたなか、燃料価格が高騰しているとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、現地における先月末のガソリン価格は1リットル7000北朝鮮ウォン(約105円)程度だったが、今月初めに10700北朝鮮ウォン(約160円)まで上昇。また、ディーゼル油も5350北朝鮮ウォン(約80円)から6350北朝鮮ウォン(約95円)に上昇した。

価格高騰の原因は「季節」「党大会」

北朝鮮北部では長い冬が終わり、種まきの季節を迎えるため、各協同農場は一斉に農業機械に使う燃料の確保に乗り出す。また、4月から5月にかけてはホッケ漁が行われ、6月にはイカ漁が最盛期を迎える。イカの漁獲量で一年の生活が左右されることもあり、漁師たちは漁船燃油の確保に大わらわだ。