米ジョンズホプキンス大の北朝鮮専門サイト「38ノース」は4日、北朝鮮平安北道(ピョンアンブクト)寧辺(ヨンビョン)の核燃料再処理施設からこの5週間で2,3回の煙が排出されているのをとらえた衛星写真を公開。北朝鮮が核爆弾の原料となるプルトニウムの抽出作業を始めた可能性を指摘した。

同サイトは、「これまでこの施設で煙が出てくるのはめったに見られず、この冬も確認されなかった。異例な活動だ」としたうえで「(プルトニウムの抽出作業の開始は)現時点では定かではない」と分析した。

さらに「再処理施設を暖めているか、もしかすると何らかの重要な活動が進んでいるか近い将来に行われるかもしれない」という見解を明らかにした。