北朝鮮が先月31日午後から、南北軍事境界線北側の複数の場所から全地球測位システム(GPS)を混乱させる妨害電波を発している。現在のところ、韓国側に大きな被害は生じていないが、多数の船舶でナビ操作に支障が出ており、惨事につながる可能性はゼロではない。

もっとも、一昔前と比べると、北朝鮮の挑発行動には緊迫感が欠けているようにも思える。最近、北朝鮮が韓国に対して仕掛けた挑発行動は、GPS妨害のほかは「朴槿恵大統領に対する悪口」「ドローンを使ったビラ爆撃」「韓国要人に対するサイバー空間でのハニートラップ」などだ。

(参考記事:マジギレか戦術か!? 金正恩vs朴槿恵の「舌戦」が過熱
(参考記事:北朝鮮のドローン部隊が韓国を「爆撃」している
(参考記事:韓国要人に「美女攻撃」…北朝鮮サイバー部隊

朴槿恵氏は相当に気分を害されただろうし、北朝鮮のドローンに自動車や貯水タンクをぶっ壊された韓国国民は気の毒だが、サイバー攻撃も含め、よほど運が悪くなければ人命被害が出る類のものではない。

もちろん、それ自体は結構なことなのだが、気になるのは北朝鮮の内情だ。6年前、北朝鮮は韓国軍の哨戒艦を撃沈し、同じ年に韓国領の延坪島も砲撃した。ひとつ間違えれば全面戦争にもなりかねない危険な挑発行動だ。暴挙には違いないが、あまりの大胆さに世界が戦慄させられたのもまた事実だ。

では、今回はなぜ、レベルの低い挑発にとどまっているのか。