核・ミサイル問題や、北朝鮮の相次ぐ軍事挑発で朝鮮半島情勢が緊張する中、現地からちょっと間の抜けた話が伝わってきた。

3月中旬、北朝鮮北部・咸鏡北道のある郡で、ポルノビデオを真似して乱交パーティーに及んでいた若い男性と仲間たちが当局に逮捕されたというのだ。

北朝鮮では、韓流ドラマやハリウッド映画など、外国の映像作品は「違法録画物」としてご禁制になっており、もちろんポルノもここに含まれる。そして、これら違法録画物を取り締まるため、「109常務(サンム)」と呼ばれる専門の捜査機関まであるのだ。

厳しい思想統制で知られる北朝鮮だが、実は、この手の話はさほど珍しいものではない。昨年にも、違法薬物を吸引しながら乱交パーティーを行っていた人々が摘発される出来事があった。

ポルノは、それこそ広く蔓延しており、かつて新潟と元山(ウォンサン)をつないでいた貨客船「万景峰(マンギョンボン)」号の船内放送で誤って流れてしまったとか、国内の芸術関係者がこっそりオリジナルを作っていた、などの噂が流れたこともあった。全体主義体制であろうが資本主義社会であろうが、やはり人間は同じような趣向を持つものなのだ。



ただ、絶対的に違っているのは、そのように禁を犯した人々に対する処罰の厳しさだ。

日本や韓国でなら、ポルノ鑑賞や乱交パーティーを行っていることが他人に知れたらかなり恥ずかしいだろうが、あくまで個人の自由だ(売買春や違法薬物は論外だが)。それが北朝鮮では、ひどければ政治犯収容所に送られたり、最悪なら処刑されてしまったりする。ポルノに限らず、韓流ドラマなどのソフトを流通させた場合も同様だ。


これこそは、金正恩体制による許されざる人権侵害のひとつである。そのことは、「北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)」の最終報告書でも指摘されている。

そして、金正恩氏はそうした人権問題追及の厳しさに国際社会に仲間入りする道を見失い、ヤケクソ半分で核・ミサイルの暴走を続けているのだ。ポルノに対する行き過ぎた厳罰と朝鮮半島情勢の危機は、無関係な問題ではないのである。


高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事