核・ミサイル問題や、北朝鮮の相次ぐ軍事挑発で朝鮮半島情勢が緊張する中、現地からちょっと間の抜けた話が伝わってきた。

3月中旬、北朝鮮北部・咸鏡北道のある郡で、ポルノビデオを真似して乱交パーティーに及んでいた若い男性と仲間たちが当局に逮捕されたというのだ。

(参考記事:「ポルノ見て乱交」で収容所送りも…恐ろしい北朝鮮の風紀取締り

北朝鮮では、韓流ドラマやハリウッド映画など、外国の映像作品は「違法録画物」としてご禁制になっており、もちろんポルノもここに含まれる。そして、これら違法録画物を取り締まるため、「109常務(サンム)」と呼ばれる専門の捜査機関まであるのだ。

厳しい思想統制で知られる北朝鮮だが、実は、この手の話はさほど珍しいものではない。昨年にも、違法薬物を吸引しながら乱交パーティーを行っていた人々が摘発される出来事があった。

ポルノは、それこそ広く蔓延しており、かつて新潟と元山(ウォンサン)をつないでいた貨客船「万景峰(マンギョンボン)」号の船内放送で誤って流れてしまったとか、国内の芸術関係者がこっそりオリジナルを作っていた、などの噂が流れたこともあった。全体主義体制であろうが資本主義社会であろうが、やはり人間は同じような趣向を持つものなのだ。

(参考記事:「万景峰」と「ポルノ」とサイバー攻撃
(参考記事:北朝鮮の有名な芸術家が出演するポルノが存在
(参考記事:友達を失ってしまった韓国の成人ポルノ放送の記憶

ただ、絶対的に違っているのは、そのように禁を犯した人々に対する処罰の厳しさだ。