3月中旬、北朝鮮北部・咸鏡北道のある郡で、ポルノビデオを見ながら乱交パーティーに及んでいた男性(20)とその知人たちが逮捕された。

事件を知らせてくれた北朝鮮国内の取材協力者によると、裸になった3組の男女が男性の自宅の一室でビデオの内容を真似て行為に没頭していた所を当局に踏み込まれ、現場でお縄となったという。

罪状は「違法録画物の視聴・流通」。つまり、北朝鮮当局が許可しない映像に触れたかどでの逮捕だ。

米国製の「レアもの」も

 取材協力者によると、男女が見ていたのは、外国製のポルノだという。

「違法録画物」といえば 、中国でコピーされた韓流ドラマや韓国映画などが代表的だが、近年では海外NGOの手により、金氏一族の独裁を暴く韓国のドキュメンタリーなども拡散している。こうした「外の世界」をダイレクトに伝える映像を遮断しようと、当局はやっきになって取締っているのだ。特にポルノは風紀を乱し、堕落した資本主義をまき散らすものと見なされ、目の敵にされている。

事情に詳しい韓国在住の脱北者に電話で尋ねたところ「北朝鮮では中国や韓国製のポルノが多く、米国のものが大変貴重。もっとも、米国製を観たり、流通させたことが当局に露見した場合、重罪はまぬがれない。こうしたポルノはコピーにコピーを繰り返すため画質が粗いのが特徴で、中には顔が判別できないものもある」と説明してくれた。なお、日本製のAVは全く流通していないようだ。

土足で民家にずかずかと

さらに、あろうことか逮捕された男性は、郡の保安署長(警察署長)の息子だったという。加えて、逮捕したのは違法録画物取締り専門の「109常務」だったというから、捕まった側は泣きっ面に蜂だ。

秘密警察である国家安全保衛部を筆頭に、北朝鮮の司法機関が合同で結成したこの特別チームは、違法録画物を見つけ出す名目で令状を持たず住民の家にずかずかと上がりこみ、家じゅうを荒らし回る悪名高い存在として住民に忌み嫌われている。

ポルノ、乱交、現行犯、「109常務」となると、いくら警察署長といえども事件をもみ消すことはできないと、取材協力者は断言する。それどころか、逮捕された男性が20歳と若いため、管理責任をとがめられ親が連帯で罪を償うことになるというのだ。

郡内ではすでに噂が広まっている上に、「109常務」もメンツがあるため、賄賂を通じた減刑工作も通じない公算が高い。警察からは解雇され、最悪の場合には最悪の環境として知られる、政治犯収容所に送られるだろうと同情を禁じ得ない様子であった。

日本や韓国でなら苦笑いで済む出来事が、お隣・北朝鮮では生死を分ける大事件になってしまう。 「指導者」金正恩氏は美女に美酒、美食と好き放題しているのとは対照的に、 かくも哀れな一般庶民の生き様がよく分かる事件という他にない。積もり積もった庶民の怒りたるや、いかほどのものだろうか。署長と若い男女の無事を祈るばかりである。

    関連記事