北朝鮮の朝鮮人民軍が極端な「ぞうきん不足」に苦しんでおり、国民的な「古着の供出キャンペーン」に躍起になっていることについて、数日前に本欄で言及した。自衛隊OBによれば、「北朝鮮に限らず、各国の軍では雑巾、というよりも古着などを裁断したウエスが、武器の手入れなどのために大量に使われている」とのことで、これが不足している朝鮮人民軍は装備の稼働率が低下し、作戦行動に重大な影響をうけているのではないか、と指摘したのだ。

これを読んだある識者から、「朝鮮人民軍はなぜ、今になって古着集めに力を入れているのか? ヤバい徴候ではないのか?」との指摘があった。

言われてみれば、それもそうだ。北朝鮮が慢性的なモノ不足であることを考えれば、軍の「ぞうきん不足」も以前からのものであると思われる。また、軍の現場から調達を求める声が上がっても、自分の権力や利権が最優先の政治軍人たちが、真剣に耳を傾けてこなかった状況も想像できる。

それなのに、今になってにわかに「ぞうきん集め」の動きが活発になったのは、米韓との戦争を現実のものとして意識しているからではないか――前述の識者は、こうした可能性を指摘しているわけだ。

北朝鮮は最近、米国に対する先制核攻撃にすら言及するようになっているが、本当に戦争が起きるとすれば、実際にはもっと局地的な、通常兵器による戦闘が端緒になるはずだ。

たとえば、韓国の聯合ニュースが29日、韓国政府関係者の話として伝えたところによると、朝鮮人民軍が西部前線一帯で無人航空機(ドローン)の離着陸訓練を大幅に強化。北朝鮮の無人機が1日に7~8回、韓国軍の監視網にとらえられているという。

不気味なのは、北朝鮮のドローン部隊はすでに、意外なモノで韓国を「爆撃」した実績があることだ。

北朝鮮は、2010年の韓国海軍哨戒艦「天安」撃沈事件や延坪島砲撃事件に見られるように、第2次朝鮮戦争にもつながりかねない、とんでもない軍事的冒険に出ることが実際にある。また金正恩氏は、非武装地帯での地雷爆発事件に端を発した昨年8月の軍事危機の際、韓国との「チキンレース」で一敗地に塗れており、雪辱をねらっていても不思議ではない。


経済制裁や人権問題の追及が金正恩氏の「ヤケクソ」に拍車をかけ、危険な賭けへと追いやる可能性は低くないのだ。


高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事