米国のオバマ大統領、韓国の朴槿恵大統領、日本の安倍晋三首相による日米韓首脳会談が31日、米ワシントンDCで開かれた。北朝鮮の核・ミサイル問題に緊密に連携して対応する方針が確認されたほか、なおも続く北朝鮮の挑発行為に対し、追加制裁の可能性も検討されたようだ。

3首脳は北朝鮮の核開発とミサイル発射が、北東アジア地域だけでなく米国の安全にも脅威であるとの認識で一致。また、ブリンケン米国務副長官は会談前、国連安全保障理事会の制裁決議の履行に加え、新たな制裁についても話し合う方針を明らかにしていた。

    関連記事