北朝鮮が、朝鮮労働党の各地方の組織に「中国は裏切り者である」と明示した文書を配布していたことが明らかになった。

関西大学の李英和教授は、今月10日に朝鮮労働党の中央委員会が各地方を総括する道党委員会に送った方針指示文をデイリーNKに公開した。

指示文では、朝鮮労働党中央委員会が中国に対して露骨に反発を示し「核暴風で抗い戦おう」と記されている。

「中国が敵国であることを宣言した形」

李教授は、今回の文書について次のように解説する。

    関連記事