人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

日本の反動層が内外の一様な反対にもかかわらず、安全保障関連法の当為性を固執するのは、果たして何のためか。

米国を後ろ盾にしてなんとしても再侵略の道に進むということである。

すでに、その実行段階に入った。

日本の反動層は、戦争法の施行によって「東方の盟主」になれるという愚かな妄想に陥って無分別に疾走している。

ブレーキが効かなくなった日本の軍国主義馬車の前には、破滅の落とし穴が待っている。---

    関連記事