北朝鮮が「スパイ容疑」を主張し拘束されたとされる韓国系米国人男性の記者会見が、25日に平壌で行われた。男性は、韓国統一省当局者らの依頼を受け、北朝鮮の体制転覆を目的に情報収集などの活動をしていたと述べたという。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮では近年、韓国系米国人や韓国人らが、同様の出来事に巻き込まれるケースが相次いでいる。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

【平壌3月25日発朝鮮中央通信】朝鮮で特大型の犯罪行為と偵察・謀略策動を働いて摘発、逮捕された在米同胞の金東哲が25日、平壌で国内外記者と会見した。

国内外の記者と駐朝外交および国際機構代表部のメンバー、朝鮮に滞在中の海外同胞がこれに参加した。

金東哲は、2015年10月2日、羅先経済貿易地帯で買収された者から朝鮮の核関連秘密資料と軍事機密資料、内部実態資料が入力されたUSBと文書を受け取る途中、現場で逮捕されて今まで法機関の調査を受けた。

金東哲は、記者会見で次のように発言した。

わたしは1953年8月24日、ソウル市永登浦区大方洞で生まれ、19歳の時、米国へ移住してバージニア州で住んだ。

2005年から中国の延吉で貿易会社の看板をかけて企業活動をし、2008年8月から羅先経済貿易地帯に入って会社を設立して社長を務めた。

妻と米ニューヨークに住んでいる2人の娘がおり、兄弟は南朝鮮に住んでいる。

わたしは、崇米反共思想とアメリカ式価値観を骨髄に深く注入され、それによって共和国に対する体質的な拒否感と病的な敵対感を持つようになった。

わたしが働いた特大型の犯罪はまず、共和国の最高の尊厳と体制を中傷、冒とくし、共和国の一心団結を崩すための悪宣伝を事としたことである。

わたしがその道に足を入れるようになったのは2011年8月、大学の同窓生である米国人ジョン・キムから南朝鮮人である中国延辺科学技術大学教授の裴浩烈を紹介してもらった時からであった。

共和国に対する敵対意識が骨髄に徹していたわたしは、共和国の最高の尊厳と体制に反対して共に行動しようという彼の勧告を躊躇(ちゅうちょ)することなく受け入れた。

裴浩烈と会うたびに、また彼を通じて紹介してもらった北京駐在東亜日報社特派記者の具濨龍、ソウル大学校教授のリ・ヒョヌをはじめとする南朝鮮人と接触するたびに、共和国の最高の尊厳と指導継承問題、政策と体制について謗った。

羅先経済貿易地帯で会社を運営しながら共和国の一心団結を崩し、西側世界への幻想を助長する宣伝活動を系統的に強行した。

昨年6月、職員たちの前で共和国の政治体制と経済管理システムがどうのこうのと言って共和国に対する反感を助長させるために悪態をついた。

不世出の偉人たちの銅像の前で「切腹自殺」をするとして、共和国の最高の尊厳を冒とくする妄動を振るった。

共和国住民の間で米国に対する幻想を助長し、戦争恐怖症を広めようとした。

特大型の犯罪は次に、南朝鮮の情報謀略家らと結託して首脳部「除去」と「体制崩壊」を狙った反共和国転覆行為を働いたことである。

裴浩烈の紹介で2013年8月に具濨龍と知り合い、2014年7月には具濨龍の紹介でソウルのある飲食店で南朝鮮統一部の「対北政策」支援官のパク・ギスに会った。

パク・ギスは、「政府の『対北政策』支援官職を持って必要な資金を保障する」とし、共和国を「転覆」するためにあらゆる形の活動をしろとの指令を与えた。

その代価として、わたしの妻の治療費をはじめ相当の報酬をくれた。

2015年7月22日にも彼は、ソウルで共和国の高位人物と人脈関係を結び、それを通じて「首脳部の政策方向と実行意志、北政権の堅固さ、側近人物の動向」などを具体的に探知する任務と活動資金をくれた。

わたしは、ソウルでリ・ヒョヌに会って首脳部「除去」と「体制崩壊」のための犯罪謀議をこらした。

リ・ヒョヌは、「高位層内部の実態と唯一体制の実態、特に労働党創立70周年行事に海外同胞代表として参加する場合、首脳部の動向をよく把握して報告」しろとの任務を与え、わたしはそれに同調した。

わたしは、共和国の「体制崩壊」のために「人権」謀略行為もした。

2013年8月、中国の延吉で具濨龍から「北朝鮮住民の姿をできるだけ衣食にこと欠く悲惨な姿に見えるように写真を撮って送れ」との任務を受けたわたしは、みすぼらしい画面が入っているSDカードを彼に提供し、代価をもらった。

宗教家とも線を結んで首脳部「除去」と「体制転覆」策動に必要な資金と物資を受け取って「寄贈」や「慈善」の方法で共和国を内部から瓦解させるために手段と方法を選ばなかった。

2013年8月、羅先市に「寄贈団体」企業を設立して運営する在米同胞のキム・チャンヨンの紹介で中国の琿春で製麺工場を経営する在カナダ同胞のリ・サラと連携を結んだわたしは、彼女が「北の体制が悪い体制だという宣伝をしたい」と言って共和国住民のみすぼらしい姿を撮った写真を持ってきてほしいと言うので要求通りにしてやり、報酬をもらった。

2015年4月30日に咸鏡北道に住む妻の従弟にそば5箱とコメ一袋を与え、彼がそれを手押し車に積んでいく場面を人為的に醜く密かに写真を撮って彼女に手渡した。

裴浩烈から紹介してもらった反共和国宗教狂信者である在米同胞エスター・チュと在カナダ同胞のオム・ジェホンから数回にわたって数十万ドルの資金をもらって「寄贈」劇を演じながら、宗教に対する幻想と西側世界への憧憬心を吹き込もうと策動した。

金東哲は、自分が2015年3月末にパク・ギスが提供した航空便でソウルへ行き、開城工業地区事業に関連して南朝鮮当局がめぐらす陰謀にも加担したと言った。

彼は、南朝鮮情報謀略家らの指令を受けて共和国の党・国家・軍事機密を系統的に収集して彼らに手渡すスパイ行為を働いたとし、次のように続けた。

わたしは、2015年5月末にパク・ギスから人民軍のある軍部隊に対する具体的な資料を知らせてほしいという任務を受けて収集した資料にわたしがねつ造した分析資料まで添付して彼に提供した。

北の携帯電話の性能を調べれば首脳部の動きに関する情報、政権維持方向、通話遮断方法と住民生活状況などを予見することができるので共和国の携帯電話を購入しろという任務を受けて執行した。

リ・ヒョヌから「人民の生活に関連する首脳部の方針と指導内容、経済改革措置、統一意志、唯一思想と権力の政治構造、羅先経済貿易地帯への中国人の投資とあい路事項、分組出来高払い制施行方法、人民生活実態」などを収集する任務を受けてわたしが加工、ねつ造した誹謗・中傷謀略資料を提供した。

具濨龍から受けた任務は、共和国の核関連資料と羅先経済貿易地帯の実態資料、羅津造船所の写真撮影資料、基本は造船所で建造する海軍艦艇に関する写真撮影資料と在カナダ牧師の林賢洙の行方を捜せというような機密資料であった。

具濨龍はすべての任務を、いつ、どこで、どんなものを、どの程度、どう作り、今作っている最中なのかを確かめる原則に基づいて具体的に収集することを要求し、自分と連携する時に「東北虎」と呼べと言って連絡方法まで知らせた。

彼は、わたしが収集した資料のうち、一部を南朝鮮の「東亜日報」などのメディアに手渡して反共和国謀略宣伝に使うようにした。

金東哲は、自分が働いたすべての犯罪は米国と南朝鮮当局の反共和国敵視行為に同調し、彼らの指令を受けて強行した犯罪として、許されない特大型のスパイ謀略行為であり、国家転覆陰謀行為であることを認めるとし、再度深く謝罪した。

続いて、彼は記者の質問に答えた。

彼は、朝鮮の当該機関に逮捕された経緯と南朝鮮かいらいとの結託関係について、そして自分がかいらい情報謀略機関と米偵察謀略機関の背後の操りを受けたことについて、かいらいがめぐらす開城工業地区に関する陰謀にも直接加担したことについて具体的に述べた。

また、調査の過程にいかなる虐待と拷問など、人権を蹂躙(じゅうりん)されたことはないと語った。

記者会見を終えながら彼は、世界の良心のあるすべての人は米国と南朝鮮当局の反共和国敵視政策の本質を見抜き、それに加担する恥ずべき行為をしてはならず、そのような悪の政策に反対、排撃すべきだと強調した。---

    関連記事