国際社会の経済制裁強化で、中国への石炭輸出が止まるなど様々な影響が現れているが、北朝鮮国内の市場での物価は、現時点でそれほど大きな動きを見せていない。

北朝鮮国内のデイリーNK情報筋によると、先月24日の時点で、平壌、新義州(シニジュ)、恵山(ヘサン)でのコメ1キロの価格はそれぞれ5150ウォン、5090ウォン、5080ウォン(いずれも約76円前後)で、3月2日の国連安保理での経済制裁決議の採択前とほとんど変わっていない。

また、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、北朝鮮ウォンの対ドル、対人民元レートも大きな変動はないという。制裁案採決直後は、買い占め、売り惜しみで物資が不足し、価格も上昇したが、その後は落ち着きを取り戻し、一部価格が下がった商品もある。