世界各地に存在する北朝鮮レストラン(以下:北レス)は、韓国人観光客にとって北朝鮮の人々と触れ合うことができる数少ない機会とあって、人気を集めていた。ところが、韓国政府は経済制裁の一環として、国民に利用の自粛を呼びかけている。

聯合ニュースが7日に報じたところでは、カンボジアのプノンペンにある北朝鮮レストラン6店舗のうち3店舗が営業を中止。残りの3店舗も経営は苦しく、ベトナムにある4店舗も客足が5~6割以上も減っているという。

また、米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)は先ごろ、中国遼寧省・丹東にある15店舗のうち、3店舗が廃業したと報じた。

故郷の両親を思い出し

そんな状況の中、当然のごとく、北レスの従業員たちにしわ寄せが及んでいる。丹東の北レスでこの2月から、従業員の賃金が未払いとなっているのだ。

中国のデイリーNK対北朝鮮情報筋によると、賃金が未払いになったのは今年2月分から。3月分も未払いになっている可能性が高い。

3月12日朝に撮影した、中国丹東の北朝鮮レストランレストランの従業員が集団で出勤する様子(画像:デイリーNKソル・ソンア記者)
3月12日朝に撮影した、中国丹東の北朝鮮レストランレストランの従業員が集団で出勤する様子(画像:デイリーNKソル・ソンア記者)

「敵が狙っている」

彼女たちは家族に仕送りするために、食べたいものも我慢するなど爪に火をともすような生活を送りながら、1ドル、2ドルと貯金している。それなのに、賃金が支払われなくなっても文句ひとつ言えず、故郷にいる両親を思い出し、従業員同士が抱き合って涙をこらえているような有様だという。

北朝鮮当局は賃金未払いに対してこれといった対策を立てておらず、従業員の思想統制や監視を強化するだけだ。

2月までは、従業員らが市場や町中に遊びに行く際には、3人で行動することを条件に許可が与えられていた。ところが3月からは「敵対勢力が祖国をひっくり返そうとしている。敵は、海外に住むわが人民を虎視眈々と狙っている」との理由で、外出が許可されなくなった。

賃金も支払わず、統制を強化するばかりで「米国をはじめとした敵対勢力の経済制裁のせいだ。給料がもらえなくても愛国心を持って働こう」などと無茶なことを言う当局に対して、従業員の間では不満が高まっている。

90年代から北朝鮮の貴重な外貨収入源となってきた北レス。世界に130店舗、中国だけでも100店舗が存在すると言われているが、国際社会からの忠告に耳を貸そうとしない北朝鮮政府のやり方のせいで、その歴史に幕が下りる可能性すら現実味を帯びてきている。

    関連記事