人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

それこそ低レベルと言うべきものだが、核・ミサイル問題での暴走の裏に、人権問題をめぐるヤケクソ的な感情があるのは間違いない。

(参考記事:北朝鮮「核の暴走」の裏に拷問・強姦・公開処刑

しかし悩ましいのは、私たちはこうした北朝鮮の言動を「低レベルだ」と断じていればよいのではなく、金正恩氏の暴走をどうにか止めなければいけないという点にある。そのためには、北朝鮮の人権問題をどのように解決し、北朝鮮の国民をどのような国づくりへと導くか、という観点が絶対に必要になると、筆者は考えている。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事