北朝鮮の金正恩第一書記が、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)上陸および対上陸防御演習を指導した。20日、朝鮮中央通信や労働新聞が報じた。

朝鮮人民軍上陸および対上陸防御演習を指導する金正恩氏(2016年3月20日付労働新聞より)
朝鮮人民軍上陸および対上陸防御演習を指導する金正恩氏(2016年3月20日付労働新聞より)

演習には、北朝鮮軍東海艦隊の水上艦船と狙撃兵、朝鮮人民軍航空・対空軍第2航空師団管下の追撃機、朝鮮人民軍第7軍団の砲兵区分隊、朝鮮人民軍第108機械化歩兵師団の一部の力量が参加。金正恩氏の演習開始の命令で上陸演習が行われた。

北朝鮮の国営メディアによると、金正恩氏は「上陸演習」を眺めながら「あのように不意の方法で海岸に奇襲上陸して攻撃へと移転すれば戦闘を勝利のうちに締めくくることができる」と満足の意を表した。続けて指導した「対上陸防御演習」では、「いかなる敵の上陸集団もわれわれの海岸に絶対に上陸できない」と述べたという。

朝鮮人民軍上陸および対上陸防御演習を指導する金正恩氏(2016年3月20日付労働新聞より)
朝鮮人民軍上陸および対上陸防御演習を指導する金正恩氏(2016年3月20日付労働新聞より)

また、金正恩氏は「われわれの海岸に襲いかかる敵の上陸集団を一人残らず水葬するには朝鮮労働党が新しく打ち出したチュチェの海岸防御に関する戦法思想の要求通りに部隊、区分隊を絶えず訓練させなければならない」と強調した。演習には、各軍団長と各級軍事学校の教師が参観した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩最高司令官が朝鮮人民軍上陸および対上陸防御演習を指導

【平壌3月20日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党第1書記、共和国国防委員会第1委員長の金正恩・朝鮮人民軍最高司令官が、朝鮮人民軍上陸および対上陸防御演習を指導した。

演習には、朝鮮人民軍海軍東海艦隊の水上艦船と狙撃兵、朝鮮人民軍航空・対空軍第2航空師団管下の追撃機、朝鮮人民軍第7軍団の砲兵区分隊、朝鮮人民軍第108機械化歩兵師団の一部の力量が参加した。 金正恩最高司令官は監視所で、朝鮮人民軍総参謀長から演習進行計画に関する報告を聴取し、演習開始の命令を下した。

まず、上陸演習が行われた。

金正恩最高司令官は、各上陸部隊の果敢な戦闘行動を見て、あのように不意の方法で海岸に奇襲上陸して攻撃へと移転すれば戦闘を勝利のうちに締めくくることができると満足の意を表した。 続いて、対上陸防御演習が行われた。

金正恩最高司令官は、砲兵たちが砲を本当に上手に撃つとし、あのようによく準備されたわれわれの頼もしい砲兵たちが敵撃滅の砲身を持っているので、いかなる敵の上陸集団もわれわれの海岸に絶対に上陸できないと述べた。

金正恩最高司令官は、上陸および対上陸防御演習が成功裏に行われたことに大きな満足の意を表し、現情勢の要求に即して人民軍の戦闘準備をいっそう抜かりなく整えるうえで提起される課題を提示した。

最高司令官は、上陸戦闘の勝敗は敵の海岸防御施設物を一気に克服するとともに、我が軍の上陸を許さないとする敵の反作用をどのように制圧するかというところに大きくかかっているとし、これに関連する作戦戦闘方案を具体的かつ現実的要求に合うように立て、それを熟練するための実用的訓練を強化し、海軍水上艦船の武装装備を改善しなければならないと述べた。

また、われわれの海岸に襲いかかる敵の上陸集団を一人残らず水葬するには朝鮮労働党が新しく打ち出したチュチェの海岸防御に関する戦法思想の要求通りに部隊、区分隊を絶えず訓練させなければならないと強調した。 各軍団長と各級軍事学校の教師が演習を参観した。

    関連記事