北朝鮮の祖国平和統一委員会(祖平統)は10日、先月閉鎖された開城(ケソン)工業団地に関連して「北朝鮮国内にある韓国企業と関係機関のすべての資産を完全に清算(没収)する」と発表した。

工業団地内には、進出していた韓国企業の設備のみならず、完成した製品も残されていたが、これが北朝鮮国内の市場に出回っていることが確認された。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

平壌の情報筋によると、市場で売られているのは主に靴下と靴だ。それ以外にも様々な製品が出回っている。「よく知っている行商人の家には、開城工業団地で作られた女性用の高級靴が山のように積まれている。安くとも1足50ドル(約5600円)はする」と情報筋は述べた。