北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、労働新聞の社説「自強力第一主義を高く掲げて70日間キャンペーンで英雄的偉勲を立てよう」を通じて、「自強力第一主義」というスローガンを強調した。

労働新聞の社説は、「自強力第一主義」について、「主体的力量に頼って自力を非常に強め、自力で前途を切り開く革命精神である」と説明しながら、「自分のもの、自分の力が一番であるという信念を固くさせ、事大主義と民族虚無主義、輸入病のような不純な思想、不純なものを完全に根こそぎにする最も威力ある武器が自強力である」と主張した。

自強力第一主義とは、金日成主席が提唱したスローガン「自力更生」の踏襲、または焼き直しと見られる。

1950年代後半、金日成氏は、「自力更生」のスローガンを掲げて重工業路線を主張し、当時のソ連に依存した軽工業路線を主張する延安・ソ連派と対立した。1956年には「8月州宗派事件」を通じて反対派を粛清し、路線闘争に勝利。金日成独裁体制を完全に確立させた。

金正恩第一書記は、祖父・金日成氏のように、「自強力第一主義」というスローガンを提唱しながら、対外依存、とりわけ中国依存からの脱却と中国に依存する勢力を排除しながら、自身の独裁体制の強化を狙っているのかもしれない。

しかし、金日成氏の自力更生路線は90年代には完全に破綻し、北朝鮮経済は、今もその後遺症に苦しめられている。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」自強力第一主義を高く掲げて70日間キャンペーンで英雄的偉勲を立てよう

【平壌3月16日発朝鮮中央通信】16日付の「労働新聞」は社説で、自強力第一主義を高く掲げて70日間キャンペーンで新しいチョンリマ(千里馬)、マンリマ(万里馬)速度を創造し、英雄的偉勲を立てようとアピールした。

自強力第一主義は、主体的力量に頼って自力を非常に強め、自力で前途を切り開く革命精神である。 社説は、70日間キャンペーンを契機に全人民を試練と難関にも微動だにせず、自力だけを信じて立ち上がる強い意志の持ち主、体現者にいっそうしっかり準備させようとするのは朝鮮労働党の意図であるとし、次のように強調した。

自分のもの、自分の力が一番であるという信念を固くさせ、事大主義と民族虚無主義、輸入病のような不純な思想、不純なものを完全に根こそぎにする最も威力ある武器が自強力である。 自分の力に対する絶対的な信頼、民族自尊の剛毅な意志から無比の胆力と度胸が生じ、すべてを自力に基づいて解決する不屈の気概と強い創造力が生じる。

強盛国家建設の大業と人民の美しい夢と理想を必ずわれわれの力と技術、われわれの資源で実現しようとする朝鮮労働党の決心と意志はこんにち、わが千万の軍民の果敢な実践となっている。

    関連記事