現在行われている韓米合同軍事演習に対して、北朝鮮はこれといった対応を取ろうにもその余裕がなく、核実験や長距離弾道ミサイルの発射実験を示唆したり、住民動員でのり切ろうとしていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

最近、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の羅先(ラソン)を訪れた中国人商人によると、今月8日から市内で大規模な群衆大会が連日開催されている。市当局は市内中心部に入る道路を通行止めにしながら、驚くほど多くの市民を動員して米国と韓国を糾弾する大会を開いているという。

米国に噛みつく北朝鮮を揶揄する中国人

そのため、市内の交通が阻害され、多くの住民が商売そっちのけで大会に参加せざるを得ないため、経済活動が停滞している。プロパガンダのための街宣車は「核爆弾で米国をやっつける」と放送を流して周り、市民たちは本心かどうかはわからないが「米国と戦っても勝てる」などと叫んでいる。