中国当局は昨年1月、大気汚染への対応策として質の悪い北朝鮮産の石炭の輸入を禁止している。また、RFAによると、中国山東省の龍口港当局は、中国に輸出された北朝鮮産の石炭の重量が契約より20%以上も満たないケースがあることを発表した。

つまり、石炭輸出の停止は、対北制裁決議とは全く別の理由による可能性があるということだ。

    関連記事