北朝鮮の労働新聞は9日、論評を通じて「軍事演習に狂奔する米国こそ戦争狂信者である」と、米国を痛烈に非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

労働新聞に掲載された署名入りの論評「露骨になる米国の軍事的狂気を糾弾」は、「『核兵器なき世界』を唱えていた者らが核兵器庫の必要性と核兵器の使用をけん伝しているのは破廉恥の極みだ」と主張しながら「(米国は)力でもって世界を支配しようとする犯罪的野望を捨てていない」と強調した。

さらに、「軍事演習に狂奔する米国こそ戦争狂信者である」としながら、「平和と安定を破壊し、戦争の暗雲だけをもたらす戦争狂は人類の糾弾、排撃を免れられない」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」露骨になる米国の軍事的狂気を糾弾

【平壌3月9日発朝鮮中央通信】先日、米国は本土で地上核ミサイル「ミニットマン3」の試射を行った。 米国防総省の副長官は、それが朝鮮とロシア、中国のような戦略的ライバルに米国が効果的な核兵器庫を保有しているというシグナルを送ることになる、国家防衛のために必要であるなら核兵器も使用する準備ができているというシグナルとなる、などと出まかせにしゃべった。

9日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、「核兵器なき世界」を唱えていた者らが核兵器庫の必要性と核兵器の使用をけん伝しているのは破廉恥の極みだと言わざるを得ないと指摘した。 論評は、米国は「平和の使徒」のように振る舞っているが、力でもって世界を支配しようとする犯罪的野望を捨てていないとし、次のように強調した。

アジア太平洋重視戦略は現時期、米国が追求する基本侵略戦略である。

同地域での侵略の矛先は、わが共和国に向けられている。

地政学的に諸大国の利害関係が先鋭に絡んでおり、歴史的に累積された国際的性格の問題が重なっている朝鮮半島で幅広い大陸包囲網形成の中心の環をとらえて自国の専横と独断だけが許容される極東地域、アジア大陸につくろうとするのが米国の本心である。

数多くの近代的な殺人武装装備を世界の至る所に配備し、ミサイル発射のような軍事演習に狂奔する米国こそ戦争狂信者である。

平和と安定を破壊し、戦争の暗雲だけをもたらす戦争狂は人類の糾弾、排撃を免れられない。

    関連記事