北朝鮮の労働新聞は9日、論評を通じて「軍事演習に狂奔する米国こそ戦争狂信者である」と、米国を痛烈に非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

労働新聞に掲載された署名入りの論評「露骨になる米国の軍事的狂気を糾弾」は、「『核兵器なき世界』を唱えていた者らが核兵器庫の必要性と核兵器の使用をけん伝しているのは破廉恥の極みだ」と主張しながら「(米国は)力でもって世界を支配しようとする犯罪的野望を捨てていない」と強調した。

さらに、「軍事演習に狂奔する米国こそ戦争狂信者である」としながら、「平和と安定を破壊し、戦争の暗雲だけをもたらす戦争狂は人類の糾弾、排撃を免れられない」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。