北朝鮮が、韓国政府の主要人物の持っているスマートフォンにサイバー攻撃を仕掛け、一部が成功していたことが判明した。

これは、韓国の国家情報院が開いた「国家サイバー安全対策会議」で明らかにされたものだ。

国情院によると、北朝鮮は2月末から3月初めにかけて、攻撃対象のスマホに悪性コード(ウイルス)を送り付ける方式で、サイバー攻撃を行った。対象のスマホのうち約2割が、ウイルスに感染し、韓国政府の主要人物の電話番号、通話の内訳、内容、メールの内容までが持ち去られたことが判明している。

北朝鮮は、2013年から2014年にかけて自主開発したモバイルゲーム変造プログラムに悪性コードを埋め込み、韓国の非公式のアプリを利用し、韓国国内の2万5000台以上のスマホを感染させている。

    関連記事