北朝鮮の対韓国窓口機関である祖国平和統一委員会(祖平統)は7日、「祖平統代弁人共和国の警告に挑戦した侵略者、挑発者は最も悲惨な代価を払うことになるであろう」という声明を通じて、米韓合同軍事演習を非難した。朝鮮中央通信が同日、報じた。

声明は、軍事演習の目的が「わが革命の首脳部を狙った『斬首作戦』と各戦略的要衝を不意に占領するための奇襲上陸作戦、われわれの各核打撃手段に対する先制打撃作戦などを含む「作戦計画5015」の実戦の可能性を確定するところにあると公然と宣伝している」と強調した。

さらに、「朴槿恵逆賊一味は、南朝鮮はもちろん、日本と太平洋地域、米本土にある侵略のすべての本拠地がわが革命武力が保有している各種の打撃手段の射程圏内に入っているということを瞬間も忘れてはいけない」と日本も標的にすると威嚇したうえで、次のように警告した。

「常識も、理性も通じない米帝と朴槿恵一味とはただ、銃剣でもって決着をつけるべきだというのが、わが軍隊と人民が下した最終決断である」

「一触即発の核火薬庫の上で無謀に強行される敵の北侵戦争騒動を袖手傍観するなら、わが民族が無事ではおられず、世界が核戦争の惨禍を免れられない」

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

祖平統代弁人共和国の警告に挑戦した侵略者、挑発者は最も悲惨な代価を払うことになるであろう 【平壌3月7日発朝鮮中央通信】祖国平和統一委員会(祖平統)のスポークスマンは、わが共和国の自主権と生存権を力で踏み潰すための米帝と朴槿恵逆賊一味の軍事的行動がとうとう開始されたことに関連して7日、これを糾弾する下記のような声明を発表した。

今回の合同軍事演習は、これまで敵が念仏のように唱えていた「定例的」かつ「防御的」というベールさえ完全に脱ぎ捨てて行われる最も露骨かつ悪らつな史上最大規模の北侵核戦争演習である。

さらに、今回の合同軍事演習は、わが共和国を政治的に孤立させ、経済的に窒息させてみようとする不法無法の国連安保理の「制裁決議」がつくり上げられたのに続いて強行されたことから、わが千万の軍民が絶対に許せない暴悪非道な侵略戦争騒動とらく印を押さざるを得ない。

米国のほとんどすべての3大戦略核打撃手段が順次的に南朝鮮地域に展開され、殺人悪魔の群として悪名高い米陸・海・空軍の特攻隊作戦集団と強襲上陸集団まで今回の演習に投入されたのは前例のないことである。

重大なのは、今回の合同軍事演習の目的があえてわが革命の首脳部を狙った「斬首作戦」と各戦略的要衝を不意に占領するための奇襲上陸作戦、われわれの各核打撃手段に対する先制打撃作戦などを含む「作戦計画5015」の実戦の可能性を確定するところにあると公然と宣伝していることである。 情勢は、これ以上収拾できない険悪な境地に至った。

諸般の事実は、米帝とかいらい一味がわれわれの自衛的措置である水爆実験と平和的な衛星の打ち上げに言い掛かりをつけて情勢を激化させてきたのが結局、北侵戦争の導火線に火をつけるところにあったということをありのまま見せている。

現事態に関連して、祖国平和統一委員会は侵略者、挑発者の核戦争狂気に鉄槌を下し、われわれの自主権と生存権を守るための正義の決戦が始まった重大な時点で、米帝とかいらい一味にわれわれがすでに闡(せん)明した強力な物理的対応を含む全面対応措置が空言ではないということをもう一度想起させる。

侵略者、好戦狂らは、白頭山の革命強兵の作戦全域に実戦配備されて任意の時刻に発射できるように準備した小型化、精密化、多種化された核爆弾の報復洗礼から逃れようとするには、そしてロット生産されて各予備砲兵部隊にまで装備された各種口径のロケット砲弾の火の海に焼け死にたくなければ、なまじっかに軽挙妄動してはいけない。

わが人民の不倶戴天の敵である米帝と民族の特等の災難の種である朴槿恵逆賊一味は、南朝鮮はもちろん、日本と太平洋地域、米本土にある侵略のすべての本拠地がわが革命武力が保有している各種の打撃手段の射程圏内に入っているということを瞬間も忘れてはいけない。

われわれの自主権と生存権を抹殺してみようとする敵の笑止千万な軍事的狂気に対処して、既存の軍事的対応方式を先制攻撃方式に転換したわが革命武力のすべての作戦集団は敵が少しでも動けばそのつど発見し、後悔する瞬間もなく無慈悲なせん滅的打撃を先に加える万端の先制打撃態勢に進入した状態にあることをはっきりと認識すべきである。

常識も、理性も通じない米帝と朴槿恵一味とはただ、銃剣でもって決着をつけるべきだというのが、わが軍隊と人民が下した最終決断である。

われわれの正義の最後の反米対決戦、祖国統一聖戦に国の平和と統一を願う国内外のすべての朝鮮同胞と世界の平和愛好人民も、強力かつ激しい反米、反戦、反朴槿恵闘争に合流するようになっている。 一触即発の核火薬庫の上で無謀に強行される敵の北侵戦争騒動を袖手傍観するなら、わが民族が無事ではおられず、世界が核戦争の惨禍を免れられない。

われわれの重大な警告に耳を傾けず、われわれの尊厳と制度に挑戦した白昼強盗さながらの米帝と再び「応分の代価」について言い散らした醜悪な売国逆賊である朴槿恵一味に与えられるのは、最も悲惨な敗北と恥ずべき終えんのみである。

最後の勝利は、自主と先軍の旗印を高く掲げて正義の反米全面対決戦、祖国統一聖戦に立ち上がったわが軍隊と人民にある。

    関連記事