北朝鮮当局は、5万人にも及ぶ労働者を海外に派遣して働かせているが、外出すらままならない徹底した監視、劣悪な労働環境、賃金の遅配や未払いなど、北朝鮮の新たな人権問題として、国際社会から批判を浴びている。

そんななか、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、労働者らの間でも待遇に対して不満が高まり、抗議活動に乗り出す事例も出ているという。

中国吉林省図們の朝鮮族の住民によると、現地の縫製工場で働いていた28歳の北朝鮮女性が、劣悪な待遇に抗議して、勝手に帰国してしまう事件が発生した。この工場では100人以上の北朝鮮労働者が働いているが、5人の北朝鮮当局者が彼らの統制、当たっている。労働者たちは、工場内にある寮で生活し、朝から晩まで長時間働かされ、外出も一切許されないという。

さらに、北朝鮮当局は様々な名目で労働者の給料をピンはねする。工場が北朝鮮労働者に支払う月給は2000元だが、当局は保険などの名目で中抜きされ、手元に残るのはわずか4割の800元だけだったという。これでもマシな方で、当局に給料のほぼ全額をピンはねされる工場もあるという。