第一に、国連安保理の悪らつな対朝鮮「制裁決議」を尊厳ある自主独立国家であるわが共和国に対する最も極悪な挑発とらく印を押し、断固と排撃する。

今回の対朝鮮「制裁決議」は、世界の平和と安全を保障すべき国連安保理がその使命と任務を捨てて米国をはじめとする諸大国とその追随勢力の拍子に踊らされて国際的正義と公正さを乱暴に蹂躙(じゅうりん)してつくり上げた犯罪的な文書である。

元来、われわれは共和国に対する国連のすべての「制裁決議」をたった一度も認めたことがない。

第二に、米国をはじめとする諸大国とその追随勢力がわれわれの自主権と生存権を露骨に踏みにじる道に入った以上、われわれの断固たる対応が伴うことになるであろう。

われわれの対応には、強力かつ無慈悲な物理的対応を含む各種の手段と方法が総動員されるであろう。

国の自主権と生存権が蹂躙されるのを目の前にしながら袖手傍観するわれわれではない。

朝鮮半島とその周辺で誰も望まない事態が起こるなら、その全責任は米国をはじめとする諸大国とその追随勢力、国連の「制裁決議」に加担した者らが負うことになるであろう。

    関連記事