北朝鮮は4日、国連安全保障理事会の新たな対北朝鮮制裁決議に対し「断固とした対応を取る」とする政府報道官(スポークスマン)声明を出した。朝鮮中央通信が伝えた。

声明は、米国と日本、韓国を名指しで非難。「国連安全保障理事会の悪辣な制裁決議をわが共和国への最も極悪な挑発として受け止め、断固として排撃する」としながら、制裁への対応には「強力で無慈悲な物理的対応を含む様々な手段と方法が総動員される」と威嚇した。

今回の制裁決議に対する北朝鮮政府の公式の反応は、この声明が初めて。

朝鮮中央通信が配信した声明全文は次のとおり。

【平壌3月4日発朝鮮中央通信】共和国政府のスポークスマンは4日、次のような声明を発表した。

われわれの水爆実験と人工衛星「光明星4」号の完全な成功にびっくり仰天した米国をはじめとする諸大国とその追随勢力は3月3日未明、とうとう国連安保理の名を盗用して悪らつな対朝鮮「制裁決議」第2270号をつくり上げた。

「決議」が採択されると、米国のオバマは「歓迎メッセージ」を発表し、国務長官のケリーを推し立てて「支持声明」を公表するようにし、続いて有象無象はみっともなくそれに相づちを打っている。

米国は、国連安保理の「制裁決議」の効率をけん伝し、わが軍隊と政府の核心幹部らを「特別制裁」の対象に指名した「独自制裁」まで追加発表した。

日本も雷同して、安倍の「支持論評」と岸田外相の「支持談話」を出した。

はては、南朝鮮の朴槿恵一味まで真夜中に「声明」を出し、「最も強力かつ包括的な制裁」だの、「断固たるメッセージ」だのと騒ぎ立てている。

新年を迎えて世界を震撼させたわれわれの水爆の雷鳴と「光明星4」号の成功裏の打ち上げに恐れおののいた米国をはじめとする諸大国とその追随勢力が57日間も密議をこらした末につくり上げた今回の「制裁決議」は、すでに予見したもので別に驚くべきことでも、新しいものでもない。

問題となるのは、今回の「制裁決議」が不当な口実を設けて、自主的で正義の主権国家を孤立、圧殺するための最も露骨で、最も極悪な国際的犯罪行為だというところにある。

すでに闡(せん)明したように、わが共和国の水爆実験について言うならば、それは米国の侵略的な対朝鮮敵視政策と増大する核脅威から国の自主権と民族の生存権を守るための自衛的な核抑止力確保措置であり、われわれの衛星打ち上げは国際的に公認されている主権国家の合法的な権利の行使である。

朝鮮民主主義人民共和国政府は、米国をはじめとする諸大国とその追随勢力が共謀、結託してわれわれの自主権を甚だしく脅かし、われわれの正義の偉業に前面から挑戦する国連安保理の「制裁決議」をつくり上げたことに関連して、次のような立場を世界に闡明する。

第一に、国連安保理の悪らつな対朝鮮「制裁決議」を尊厳ある自主独立国家であるわが共和国に対する最も極悪な挑発とらく印を押し、断固と排撃する。

今回の対朝鮮「制裁決議」は、世界の平和と安全を保障すべき国連安保理がその使命と任務を捨てて米国をはじめとする諸大国とその追随勢力の拍子に踊らされて国際的正義と公正さを乱暴に蹂躙(じゅうりん)してつくり上げた犯罪的な文書である。

元来、われわれは共和国に対する国連のすべての「制裁決議」をたった一度も認めたことがない。

第二に、米国をはじめとする諸大国とその追随勢力がわれわれの自主権と生存権を露骨に踏みにじる道に入った以上、われわれの断固たる対応が伴うことになるであろう。

われわれの対応には、強力かつ無慈悲な物理的対応を含む各種の手段と方法が総動員されるであろう。

国の自主権と生存権が蹂躙されるのを目の前にしながら袖手傍観するわれわれではない。

朝鮮半島とその周辺で誰も望まない事態が起こるなら、その全責任は米国をはじめとする諸大国とその追随勢力、国連の「制裁決議」に加担した者らが負うことになるであろう。

第三に、国連安保理が働いた今回の特大型の国際犯罪を契機に、不公正かつ不平等な国際政治秩序を決定的に壊すための汎世界的な闘争の炎をさらに強く燃え上がらせるであろう。

正義と公正さが蹂躙され、二重基準と不正義が横行する世界の流れをこれ以上傍観することはできない。

米国をはじめとする諸大国のものさしによって合法性と不法性が勝手に裁断され、正義と真理が無残に踏みにじられる現実を絶対に許せないというのが、われわれの立場である。

わが共和国は、誰が何と言おうと今後も、並進路線の旗印をしっかりとらえて自衛的核抑止力をいっそう強化していき、衛星大国の頂上に向かってすでに選択した道に沿って果敢に前進するであろう。

世界は、国連の「制裁決議」に百倍、千倍の対応措置をもって立ち向かっていくわが共和国が米国をはじめとする諸大国とそれに追随している間抜けらの独り舞台に転落した国連の罪多き歴史にいかに終止符を打ち、国際的正義と公正さをいかに正していくのかをはっきりと見ることになるであろう。―――

    関連記事