北朝鮮は4日、国連安全保障理事会の新たな対北朝鮮制裁決議に対し「断固とした対応を取る」とする政府報道官(スポークスマン)声明を出した。朝鮮中央通信が伝えた。

声明は、米国と日本、韓国を名指しで非難。「国連安全保障理事会の悪辣な制裁決議をわが共和国への最も極悪な挑発として受け止め、断固として排撃する」としながら、制裁への対応には「強力で無慈悲な物理的対応を含む様々な手段と方法が総動員される」と威嚇した。

今回の制裁決議に対する北朝鮮政府の公式の反応は、この声明が初めて。

朝鮮中央通信が配信した声明全文は次のとおり。