【平壌3月4日発朝鮮中央通信】共和国政府のスポークスマンは4日、次のような声明を発表した。

われわれの水爆実験と人工衛星「光明星4」号の完全な成功にびっくり仰天した米国をはじめとする諸大国とその追随勢力は3月3日未明、とうとう国連安保理の名を盗用して悪らつな対朝鮮「制裁決議」第2270号をつくり上げた。

「決議」が採択されると、米国のオバマは「歓迎メッセージ」を発表し、国務長官のケリーを推し立てて「支持声明」を公表するようにし、続いて有象無象はみっともなくそれに相づちを打っている。

米国は、国連安保理の「制裁決議」の効率をけん伝し、わが軍隊と政府の核心幹部らを「特別制裁」の対象に指名した「独自制裁」まで追加発表した。

日本も雷同して、安倍の「支持論評」と岸田外相の「支持談話」を出した。

はては、南朝鮮の朴槿恵一味まで真夜中に「声明」を出し、「最も強力かつ包括的な制裁」だの、「断固たるメッセージ」だのと騒ぎ立てている。

    関連記事