韓国国会で2日に成立した北朝鮮人権法に基づき、統一省に北朝鮮人権記録保存所が開設されることになった。保存所の一部は民間の協力を得ることになりそうだ。

統一省の関係者は「北朝鮮の人権の実態の記録を政府だけですべて行うのは困難」だとして、「民間の機関との協力が重要」だと語った。

アーカイブの重要性について当局者は「北朝鮮の人権蹂躙の実態に関する記録を集め、外国に知らせることにより、北朝鮮国内の機関や担当者に直接、間接の圧力を与える」と期待を込めた。