朝鮮人民軍(北朝鮮軍)最高司令部が23日に重大声明を発表後、2日間で150万人が軍隊への入隊を志願し、これに対して金正恩第一書記が感謝文を送ったと、朝鮮中央通信が28日に報じた。

金正恩氏は、感謝状で「敵は、わが人民についてあまりにも知らない」としながら「(米韓が)戦争の導火線に火をつけるならば、革命軍隊の激怒した火の雨で敵の牙城を完全に掃討し、強盛・繁栄する統一朝鮮万歳の声が天地を震撼する喜ばしい戦勝の日をもたらさなければなりません」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が祖国防衛に志願した幹部と勤労青年、学生・生徒たちに感謝文を送る

【平壌2月28日発朝鮮中央通信】金正恩元帥は、熱烈な愛国衷情と敵撃滅の意志で祖国防衛に志願した幹部と勤労青年、学生・生徒たちに27日、感謝文を送った。

その全文は、次のとおり。