朝鮮人民軍(北朝鮮軍)最高司令部が23日に重大声明を発表後、2日間で150万人が軍隊への入隊を志願し、これに対して金正恩第一書記が感謝文を送ったと、朝鮮中央通信が28日に報じた。

金正恩氏は、感謝状で「敵は、わが人民についてあまりにも知らない」としながら「(米韓が)戦争の導火線に火をつけるならば、革命軍隊の激怒した火の雨で敵の牙城を完全に掃討し、強盛・繁栄する統一朝鮮万歳の声が天地を震撼する喜ばしい戦勝の日をもたらさなければなりません」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が祖国防衛に志願した幹部と勤労青年、学生・生徒たちに感謝文を送る

【平壌2月28日発朝鮮中央通信】金正恩元帥は、熱烈な愛国衷情と敵撃滅の意志で祖国防衛に志願した幹部と勤労青年、学生・生徒たちに27日、感謝文を送った。

その全文は、次のとおり。

2月23日、朝鮮人民軍最高司令部が重大声明を発表し、極度に無分別な戦争策動に狂奔しているアメリカ帝国主義と南朝鮮傀儡一味を容赦なく懲罰すると宣言した後、ただ2日間に全国的に150万余名の幹部と勤労青年、大学生、高級中学校の生徒たちが人民軍への入隊と復帰を熱烈に志願しました。

私は、革命に対する限りない忠誠心と熱烈な愛国心、敵撃滅の意志で血潮をたぎらせ、祖国死守、革命防衛に勇躍志願したわれわれの頼もしい幹部と勤労青年、学生・生徒たちを高く評価し、朝鮮労働党第1書記、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官の名で熱い感謝と戦闘的敬礼を送ります。

尊厳あるわが国家にあえて手出ししようとする敵の狂気じみた悪辣な策動に活火山のような憤怒を爆発させ、容赦なき懲罰を加える聖戦に立ち上がった青年学生と人民のたくましい気概は、ひたすら党中央だけを固く信じて絶対的に従う偉大な朝鮮人民、正義を死守することなら血みどろの戦争も死も辞さず、必ず敵を撃滅する革命的人民の高い精神世界の誇示となります。

英雄朝鮮の立派な息子、娘であるわれわれの幹部と勤労青年、学生・生徒たちは、朝鮮人民軍最高司令部の重大声明に接するや否や、全国各地で集会を開き、アメリカ帝国主義と南朝鮮傀儡一味に対する強い敵愾心と敵撃滅の意志を吐露しました。

大学生と高級中学校の生徒たちはわれ先に祖国死守、革命防衛の銃を取ることを誓い、工場と農村の除隊軍人たちは言うまでもなく、数多くの党活動家と青年活動家も人民軍への復帰を熱烈に請願しました。

党中央を守る今日のイェプニになるとして、大学への道も断念した17歳の高級中学校の女生徒、愚かにもわが共和国の「体制崩壊」を夢み、戦争の暗雲をもたらす敵と血をもって決着をつけるという決意を人民軍入隊・復帰志願書に記した労働者階級の燃えるような心は、党と祖国に対するわが人民と青年の愛がどんなに清らかで熱いものであるか、自分の生のよりどころを奪おうとする敵に対する憎悪がどんなに激しく噴出するかをはっきり示しました。

私は、全国の青年と勤労者、幹部の間で発揮された爆発的な参軍熱風と彼らの復しゅう決意についての報告を受けながら、このように革命熱、愛国熱に燃え、不正義をいささかも許さない立派な青年たち、革命同志を持っていることに大きな誇りを覚え、改めて限りない力と勇気を得ました。

千万軍民が党中央の庭に運命の血筋をつないで生きるのは古今東西のどこにも見られない朝鮮の真の姿、敵は百回死んでも理解できないわれわれの社会の道理であり、党と軍隊と人民が一枚岩のように結束した鉄の革命的団結、まさにこれが数十、数百の原子爆弾や水素爆弾にも比べることのできないわれわれの最強の力です。

わが人民のように反帝革命精神に徹し、世代と世紀を継いだ反米対決で連戦快勝を勝ち取った人民はこの世になく、このような偉大かつ、英雄的な人民がいる限り、先軍朝鮮は今日も明日も永遠に勝利するでしょう。

今、帝国主義者はわれわれの前途を阻もうと最後のあがきをしています。

しかし敵は、わが人民についてあまりにも知らないのです。

金日成同志と金正日同志が一生を捧げて育てた英雄的なわが人民は、祖国は何であり、人間の真の生はどんなものであり、革命の最高尊厳を守り、自分の万福を花咲かせる道はどこにあるのかをはっきり知っており、熱血の心と不屈の闘争によって党と領袖の指導に従う燃えるような決意に満ちています。

党の偉業に限りなく忠実なすべての人民と人民軍将兵、青年を導いて、わが党は敵対勢力のあらゆる挑発策動をことごとく粉砕し、チュチェ革命の最後の勝利を必ず達成するでしょう。

すべての人民と人民軍将兵、青年は祖国死守、革命防衛の聖戦に総決起し、熱烈に志願したその精神、その気迫をもって、朝鮮労働党の革命偉業の遂行で歴史的な分水嶺となる第7回党大会を勝利者の大会、栄光の大会として輝かすための総攻撃戦に一層奮起しなければなりません。

わが党の革命的武装力である英雄的な朝鮮人民軍の全将兵は、朝鮮人民の不倶戴天の敵であるアメリカ帝国主義侵略者と極悪な民族反逆の輩である南朝鮮傀儡一味がついに戦争の導火線に火をつけるならば、革命軍隊の激怒した火の雨で敵の牙城を完全に掃討し、強盛・繁栄する統一朝鮮万歳の声が天地を震撼する喜ばしい戦勝の日をもたらさなければなりません。

片手には銃を、片手にはハンマーと鎌、筆を握りしめた英雄的なわれわれの金日成・金正日労働者階級と鉄の青年大集団をはじめ全人民は、わが党の革命的な戦争観でしっかり武装し、反米・反傀儡階級意識の刃を研ぎ澄まし、燃える憤怒を最高の発奮に変えなければなりません。

勤労青年と学生・生徒は、職場と学園で人民軍と同じ塹壕に立っているという心もちでかつてない生産闘争と寸暇を惜しむ学習戦闘を繰り広げて、富強祖国の建設に積極的に寄与する最高の成果を収めなければなりません。

すべての部門、すべての持ち場で、全党員に送った党中央委員会の手紙と党中央委員会・党中央軍事委員会の共同スローガンで提示された戦闘的課題を決死の覚悟で貫徹するための総攻撃戦の炎を強く燃え上がらせて、第7回党大会に贈る誇らしい勤労の贈り物とともに、英雄的な献身と立派な奇跡創造のページを記した忠誠の70日戦闘記録帳を持って勝利の5月を誇らしげに迎えなければなりません。

党組織と勤労者団体組織は政治思想活動を攻勢的に、集中的に展開し、全党と全社会をかつてない集団的英雄主義へと力強く奮い立たせることによって、70日戦闘の徹夜進軍でチュチェ朝鮮のマンリマ(万里馬)時代を代表する新しい時代精神が生み出され、新しい英雄的闘争気風が創造されるようにしなければなりません。

私は、常に党中央の庭と心や情をつないで生きるすべての人民と人民軍将兵、青年が、わが党が育んでくれた不屈の精神力と自強力を遺憾なく発揮して、厳しい歴史の挑戦を果敢に乗り越え、チュチェの社会主義・共産主義偉業の勝利を必ず成し遂げ、金日成民族、金正日朝鮮の尊厳と威容を万邦に轟かすものと確信しています。

    関連記事