北朝鮮が1月6日に核実験を強行する前、米国に対し、平和協定を結ぶための交渉を提起。しかし、「非核化も議論すべき」とする米国の主張を北朝鮮が拒んだため、交渉には至らなかったという。

主要メディアは22日、このニュースを一斉に報じた。

しかし実際のところ、このニュースに目新しいところはほとんどない。北朝鮮はずっと前から米国に平和協定を求めるメッセージを発してきたからだ。昨年から今年にかけても、目立つものだけで5つの動きがあった。