人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

情報筋によると、玄松月氏が金正恩氏の最初の恋人というのは根拠のない噂話で、金正日氏の愛人だった。そして、この事実を知る幹部たちは、陰で将軍様を非難していたという。

証言によれば、金正日氏と玄松月氏が関係を持つようになったのは、2006年頃。玄松月氏の最も有名なヒット曲「駿馬の乙女」がリリースされた翌年だ。

「将軍様は、万寿台芸術団の舞台俳優だった高ヨンヒへの贈り物として、平壌市中心部に世界1等万寿台芸術劇場を建てたが、彼女が2004年に死んでからは、玄松月氏が当時所属していたポチョンボ電子楽団が同劇場を独占するように便宜を図った。一方、万寿台芸術団は、東の平壌大劇場に追い出されるような形になった」(平安北道の情報筋)

マスゲームに玄松月の歌を入れよ

さらに金正日氏は、2008年の朝鮮民主主義人民共和国創立60周年を祝う「大集団体操アリラン公演」のリハーサル現場で、背景のマスゲームに、玄松月氏の代表曲「駿馬処女」を取り入れよと指示したという。

    関連記事