「飢えた軍事大国より、腹いっぱい食べられる奴隷のほうがマシだ」

もちろん、自虐ジョークの類いだが、北朝鮮当局の宣伝に対する、ある種の「カウンター」とも言える。そもそも、北朝鮮の個々の国民は、決して洗脳などされておらず、権力を揶揄して、自分たちの境遇を笑い飛ばすユーモアをたっぷり持っている。

(参考記事:金正恩氏が恐れる「北朝鮮ジョーク」の破壊力

いずれにせよ、市場を通じて資本主義に目覚めた今の北朝鮮住民たちに、思想的な締め付けは、もう通用しない。そして、北朝鮮の庶民達と地域の安定を望む国際社会の利益は、大きなところで一致しているということを忘れてはならない。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記