北朝鮮は7日正午(日本時間午後0時30分)、国営メディアの「特別重大報道」を通じて「地球観測衛星『光明星-4』号を軌道に進入させるのに完全に成功した」と報じながら、長距離弾道ミサイルの発射実験が成功したことを宣言した。

同通信は「『光明星-4』号発射の完全成功は偉大な朝鮮労働党の科学技術重視の政策の党機関紙・結実であり、自主的な平和的宇宙利用権利を堂々と行使して国の科学技術と経済、国防力を発展させていくことから画期的な事変となる」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。(※編集部訳)

朝鮮国家宇宙開発局 地球観測衛星「光明星ー4」号を成果的に発射したことに関連した報道を発表

【平壌2月7日発 朝鮮中央通信】朝鮮民主主義人民共和国国家宇宙開発局の科学者、技術者は国の宇宙開発5カ年計画、2016年の計画に基づき、新たに研究開発した地球観測衛星「光明星-4」号を軌道に進入させることに完全に成功した。

運搬ロケット「光明星」号は、主体105(2016)年2月7日9時に平安北道鉄山郡東倉里から発射されて、9分46秒である9時09分46秒に地球観測衛星「光明星-4」号を軌道に正確に進入させた。

「光明星-4」号は、97.4゜軌道傾斜角で、近地点高度494.6キロ、遠地点高度500キロの極軌道を回っており、周期は94分24​​秒である。

「光明星-4」号には、地球観測に必要な測定機材と通信機材が設置されている。

「光明星-4」号打ち上げの完全成功は、偉大な朝鮮労働党の科学技術重視政策の誇らしい結実であり、自主的な平和宇宙利用の権利を堂々と行使し、国の科学技術と経済、国防力を発展させていくうえで画期的な出来事となる。

太陽朝鮮の最大の民族的祝日である光明星節(訳注:金正日氏の誕生日)の日が日々近づきつつあり、2月の澄んだ青い春の空に刻まれたチュチェの衛星の恍惚とした飛行機雲は、われわれの宇宙科学者、技術者が偉大な金正恩同志と尊厳高きわが党が、わが国と人民に捧げる最もきれいな忠誠の贈り物である。

朝鮮民主主義人民共和国国家宇宙開発局は、偉大な朝鮮労働党の科学技術重視政策を高く奉じ、今後もチュチェ衛星をより多く万里大空に打ち上げるだろう。

チュチェ105(2016)年2月7日 平壌

    関連記事