在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の幹部養成機関・朝鮮大学校(東京・小平市)の元男性教員を、警視庁公安部が昨年12月に詐欺容疑で逮捕。「北朝鮮の工作員だった」と発表して、注目を集めている。

男性は、北朝鮮の工作機関「225局」のエージェントとして、韓国国内の北朝鮮シンパらと接触。政財界の情報収集や、反体制活動に関わる秘密指令を伝え、工作資金を渡すなどしていたという。

しかし、こうした情報は今になって明らかになったものではない。225局の工作員が日本で活動していることは、かなり前から知られていた。2011年に韓国で摘発され超大型スパイ事件「旺載山(ワンジェサン)事件」の公判資料などには、北朝鮮工作員らが名指しで登場。日本のエージェントと東京・多摩地区で接触していた事実が、克明に指摘されているのだ。

(参考記事:韓国でつかまった北朝鮮スパイが「東京多摩地区」で会っていた人物とは!?

警視庁が今になって元教員を摘発したことに、筆者などは「どうしちゃったのかな?」と思わざるを得ない。良い悪いの問題ではなく、警察首脳に何か心境の変化でもあったのか、と感じられるのだ。

デイリーNKジャパンの連載に激怒?

というのも、外事警察は近年、この手の事件にはそっぽを向いてきた。