ある丹東市民が米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に語ったところによると、北レスが集中している丹東市内の沿江開発区に昨年秋、3つ星クラスのホテルがオープンしたという。

フロントの壁にかけられた平壌時間を指す時計(右)、(画像:Ctrip提供)
フロントの壁にかけられた平壌時間を指す時計(右)、(画像:Ctrip提供)

非合法工作の拠点か

客室数は20から30の比較的小規模なこのホテル、看板に中国と北朝鮮の国旗が描かれ、通行人の視線を惹きつけている。近隣では、別の北朝鮮系ホテルがオープンに向けて準備を進めているという。

    関連記事