「上階の部屋に女性服務員が派遣され、たくさんカネを落とす馴染み客の『接待』を強要されている。それだけでなく、どうやら売春を強要されているようだ」(上海の情報筋)

こうしたなか、「ある女性服務員は12月末頃、従業員用の宿舎から失踪した。レストラン側は北朝鮮当局には報告せず、彼女を探しだそうと血眼になっている。おそらく、売春を強要されることに耐えられなかったのだろう」と、この情報筋は語った。

女性はとっくに上海を離れていると見られ、自主的に戻らないかぎり、見つけ出すのは不可能だろう。

カネになるなら違法行為も厭わない

一方、中朝国境の町、丹東の北朝鮮レストランも苦しい事情は同じだ。ある丹東市民は語る。

    関連記事