北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、金正恩第一書記が、「金正淑平壌紡織工場」を現地指導したことを報じた。

20160128金正恩紡績工場視察01
20160128金正恩紡績工場視察01

同通信によると、金正恩氏は、工場で生産された学生かばんを見ながら次のように述べた。

「学生用のかばんが見るほどすばらしい。形と色が多様であるだけでなく、便利さ、機能性、美学性などすべての側面において他国の製品と堂々と比肩できる」

さらに、「われわれが作った格好いいかばんを背負って笑いさざめきながら学校に通う学生少年たちの姿を思い描けば心が温まり楽しくなる」としながら、次のように述べた。

「自力更生の響きは遠からず世の万福を享受しながら暮らすようになるわが人民に必勝の信念と楽観を与える革命勝利の響きであり、われわれの前進を阻もうと血眼になってのさばる敵には恐ろしい鉄槌を下す懲罰の響きである」

現地指導には、安正秀(アン・ジョンス)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、朴明順(パク・ミョンスン)の各氏が同行した。

20160128金正恩紡績工場視察03
20160128金正恩紡績工場視察03

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が金正淑平壌紡織工場を現地で指導

【平壌1月28日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党第1書記、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が、金正淑平壌紡織工場を現地で指導した。

金正恩元帥はまず、金正淑平壌紡織工場で生産したかばん用の布地をもって作ったいろいろな学生用のかばんを見た。

学生用のかばんが見るほどすばらしいとし、形と色が多様であるだけでなく、便利さ、機能性、美学性などすべての側面において他国の製品と堂々と比肩できると述べた。

金正恩元帥は、新しく設けたかばん用布地の生産工程を見て回った。

工場に設けられたかばん用布地の生産工程は、完全に国産化された生産工程、朝鮮労働党が願う朝鮮式生産工程であると大きな満足の意を表し、わが国で生産しているテトロン人絹糸をもってわれわれの力と技術で作った柔軟レピア織機と高温高圧ローラー染色機などをもってかばん用の布地を生産できるようにしたが、生産工程の国産化の実現において誇るに足る成果を収めたとたたえた。

金正恩元帥は同日、人絹織物職場、織布総合職場、染色総合職場などの各所を見て回り、学生服用の布地をはじめ良質の服地と各種の布地をより多く生産する問題など、工場の管理・運営において提起される貴重な教えを与えた。

金正恩元帥は、金正淑平壌紡織工場に現代的かつ国産化されたかばん用布地の生産拠点を築いたのがどんなによいことかとし、われわれが作った格好いいかばんを背負って笑いさざめきながら学校に通う学生少年たちの姿を思い描けば心が温まり楽しくなると明るく微笑んだ。

フル稼働している工場を見ると本当に力が湧くとし、工場での生産正常化、自力更生の響きは遠からず世の万福を享受しながら暮らすようになるわが人民に必勝の信念と楽観を与える革命勝利の響きであり、われわれの前進を阻もうと血眼になってのさばる敵には恐ろしい鉄槌を下す懲罰の響きであると力強く述べた。

金正恩元帥は、党政策貫徹のモデル工場である金正淑平壌紡織工場の幹部と従業員が時代の躍動する呼吸に心臓の拍動を合わせて高い生産の成果で朝鮮労働党第7回大会を迎えるとの期待と確信を表明した。

安正秀、趙甬元、朴明順の各氏が同行した。

    関連記事