北朝鮮が5年連続で「世界で最も腐敗がひどい国」という不名誉なタイトルを獲得した。

米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、ドイツのベルリンに本部を置くトランスペアレンシー・インターナショナル(TI)が世界168カ国に対象に行なった調査「2015国別腐敗認識指数(CPI)」で明らかにした。

腐敗認識指数(CPI)は、腐敗の程度を0から100までのスコアに換算し、スコアが高いほど、清廉度の高いとする。

調査で、北朝鮮は今年も8​​点を獲得、アフリカのソマリアと共に世界最悪という評価を受けた。北朝鮮は、2011年に調査対象になって以来、ずっと8点しか得られず、5年連続で世界最下位となった。