先週から今週にかけて大寒波が日本列島を覆った。東アジア各地でも記録的な寒さが続く中、北朝鮮も例年を上回る寒さのため住民たちは厳しい生活を余儀なくされている。

金正恩体制の聖地「白頭山」付近の三池淵(サムジヨン)地域では、24日にマイナス40度を記録。現地で行われている「白頭山青年英雄発電所」の建設工事現場では、作業員らが次々に凍傷にかかっている。

また、各地で水道管や井戸が凍り、比較的暖かい東側の地域でも、水道管の凍結、破裂が続出。住民たちの間で「水確保戦闘」が繰り広げられている。しかし、こうした被害に対して北朝鮮当局は何ら対策を取っている形跡がない。

『凍土の共和国』という北朝鮮の実態を描いた書籍があるが、冬の北朝鮮は文字通りの「凍土」だ。住民からは、「冬になると飢えよりも寒さの方がよっぽどツラい。凍死する住民も多い」という証言も多く聞かれる。それでも北朝鮮当局は、特別な対策をとらない。

厳冬期は、朝鮮人民軍の兵士にとっても最も辛い時期だ。毎年12月から翌年3月末まで、まともに食事をすることもできないまま厳しい冬季訓練を行う。空腹に耐えかねた兵士が北朝鮮国内だけでなく、中国側に越境して略奪を働くケースも多い。


ただし、一人だけ北朝鮮の厳しい寒さから逃れている人物がいる。金正恩第一書記だ。普段から恵まれた環境で過ごしている正恩氏。ある時、酷寒のなかでの現地指導で、彼だけが手袋をはめ、ポケットに手を入れていた。

こうした立ち振る舞いでアピールするよりも、金正恩氏自身が率先して「寒さ対策」をリードすれば、国内外の評価も少しは上向きになると思うのだが。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事