連載・日本の対北朝鮮情報力を検証する/自衛隊編(4)

2007年6月、日本共産党委員長の志位和夫氏は国会で記者会見し、「自衛隊情報保全隊(情報保全隊)が自衛隊イラク派遣に反対する市民団体などを監視していた」と、同隊が作成したとする内部文書を手に糾弾。これが、いわゆる「自衛隊による国民監視差止訴訟」の動きにつながる。

情報保全隊による「国民監視」の是非は、今年2月2日に仙台高裁で言い渡される判決に任せることにして、この聞き慣れない部隊は、果たしてどのような集団なのだろうか。インテリジェンスに関心がある向きなら、情報保全隊の名に聞き覚えがなくとも、「調査隊」については知っているはずだ。

戦後、占領下の日本で暗躍し、下山事件(1949年)などの謀略事件に関与したといわれる米軍「CIC」(Counter Intelligence Corps=対敵諜報部隊)によって作られた「調査隊」は、未だ真相が明らかとなってない、ある重大な事件に関与していたのだから。

自衛隊員が尾行

1983年8月15日、韓国の野党指導者(後の大統領)である金大中氏が、満身創痍となってソウルの自宅前で発見された。当時、民主化運動のリーダーとして軍部出身の朴正煕大統領と対立していた金大中氏は、事実上、アメリカに亡命中の身であり、講演のため東京に滞在しているはずだった。事件の顛末はこうだ。