韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は22日、外務省と国防省、統一省は大統領府(青瓦台)から2016年の外交・安保・統一分野の合同業務報告を受けた。昨年の同報告では朝鮮半島の「統一」への備えが最重要テーマだったが、今年は北朝鮮の4回目核実験を受け、北朝鮮の核開発と安全保障問題が最優先課題に挙げられた。

3省は具体的には、◆北朝鮮の挑発に対する全方位かつ総力を挙げての対応◆北朝鮮核・北朝鮮問題に対する総体的なアプローチ◆外交安保の環境変化の能動的、戦略的な活用◆国民、国際社会とともに正しい統一準備の持続――などを重点的に推進すると報告した。

この中の、「北朝鮮の挑発に対する全方位かつ総力を挙げての対応」という部分を見て思い出されるのが、昨年取り沙汰された韓国軍の金正恩「斬首作戦」だ。

北朝鮮は、すでに実質的な核武装国だ。また、軍事境界線近くには韓国の首都・ソウルを射程に収める長距離砲部隊が展開している。仮に、朝鮮半島で全面戦争が勃発すれば、最終的に米韓連合が勝利するのは間違いない。しかし、緒戦でソウルを「火の海」にされれば、韓国経済が甚大なダメージを受けるのは避けられないだろう。

それを防ぐために、「北朝鮮が戦争を決断する前に、先制攻撃で制圧してしまおう」との考えが韓国国内で頭をもたげるのは、むしろ必然とも思える。

そんな作戦には膨大なリスクが伴うことから、そう簡単には実行されないだろう。しかし、仮に北朝鮮が「最終兵器」とも言える水素爆弾の開発を進展させれば、そこで生じるリスクは甘受しがたいものになる可能性がある。

そして、核のリスクが増せば増すほど、「先にどうにかしてしまおう」との誘惑も強まる。情勢がそんな極端な方向に流れないことを願うばかりだ。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事