連載・日本の対北朝鮮情報力を検証する/自衛隊編(2)

日本最強の情報機関・防衛省情報本部で最も大きいの実働部隊は、電波部とその指揮下の「通信所」と呼ばれる電波傍受施設だ。

北朝鮮はかつて、韓国や日本へ派遣した工作員に指令を伝えるため、AMラジオで乱数表を読み上げる「A3放送」を行っていた。だが、北朝鮮による海外への指令の大半は、昔も今もA3放送ではなく「CW」と呼ばれるモールス信号による通信で行われているという。

そして、北朝鮮のCWを傍受しているのが、美保通信所(鳥取県境港市)と大刀洗通信所(福岡県朝倉郡筑前町)、喜界島通信所(鹿児島県奄美郡喜界島町)の3施設だ。

ノンアクションの定石

「ゆっくりとした朝鮮語で乱数化した数字を読み上げるA3、つまりボイス通信は、大した訓練を受けてないアマチュア工作員に対するものだ。日本領海に侵入する工作船や海外拠点に対する指示は、モールス信号で行われる。モールス信号は、送る方も受ける方も特別な訓練を受けなければ、やりとりができない」